オンラインカジノ 出金条件

オンラインカジノには、「出金条件」というルールが存在します。

条件の細かい部分はカジノによって異なりますが、オンラインカジノなら必ず決まっていることなので、忘れずに確認しておきましょう。

ベラジョンカジノの出金条件は<こちらの記事>にまとめていますから、もう知っている方はこちらを参考にしてください。

 

出金条件って何?

 

オンラインカジノに登録したり入金したりすると、カジノによってはいくらかの金額がボーナスとして贈られることがあります。

 

このボーナスはそのままオンラインカジノのゲームに使えるんですが、勝ってお金を増やしたとしても現金として引き出す為のハードルがあります。

これが「出金条件」です。

 

具体的には「ボーナス額×○倍」分のベットをしないといけません。

例えばベラジョンカジノのように「ボーナス額×20倍」の場合でボーナスが100ドルだったら、最低でも「100ドル×20倍」の2,000ドルを賭け金として使わなければ、現金として引き出せないということになります。

 

トータルで2,000ドル賭けてゲームをして、結果的にボーナスが残っていればそれを現金として引き出せるようになります。

1回10ドルだったら、200回ゲームをして、それでもボーナスがあればOKです。

 

何倍になるのかはカジノ次第ですが、まったくゲームを行わないでボーナスを出金することは出来ません。

面倒と感じるかもしれませんが、プレゼントしたものをそのまま出金されると大損ですから、ある程度使ってもらわないと困るんですね。

 

詳細はこちら。

↓↓↓↓


出金条件が低くて使いやすいのはベラジョン!

 

あと、以下のポイントも合わせて覚えておきましょう。

 

カウント割合について

 

カウント割合はゲームごとに決められていて、カウント割合によって出金条件を満たす難易度が変わります

 

スロットなどは比較的プレイヤーが勝ちにくいゲームですから、プレイヤーに有利になるように調整されます。

逆にブラックジャックやバカラ・ルーレットなどは、攻略法を使えば勝てる事も多いですから、厳しくなるように調整されます。

そして、その調整役を担っているのがカウント割合です。

 

カウント割合は、基本的にパーセンテージで表されます。

ベラジョンの例だと、カウント割合は

「スロット:100%」
「ブラックジャック:10%」

と設定されています。

 

カウント割合も踏まえた計算方法は、「ボーナス額×倍率÷カウント割合」です。

ベラジョンは倍率が「×20」ですから、ボーナス100ドルだと以下のようになります。

 

スロット
⇒100ドル×20倍÷1(=100%)
2,000ドル

ブラックジャック
⇒100ドル×20倍÷0.1(=10%)
20,000ドル

 

こんなふうに、カウント割合は小数に直して割るのが一番分かりやすいです。

ブラックジャックはカウント割合10%ですから、スロットと比べて10倍難しくなっていますね。

 

ボーナスと現金の考え方

 

貰ったボーナスは、自分が入金した現金とは別管理されることがほとんどです。

そしてポイントなのは、「減っていくのは現金から」という点です。

 

現金が残っている状態で10ドルを賭けたとします。

するとこれは現金から引かれ、ボーナスは手付かずのままです。

たとえボーナスの方が多く残っていたとしても、現金がわずかにでもあるのなら、そちらから最初に支払われる仕組みとなっています。

 

そして、出金条件を計算する際は「ボーナス分の使用」だけがカウントされます

どれだけ現金でプレイしていてもそれはカウントされません。

現金が空っぽになってボーナス分が使用される状態になってから、上記の2,000ドルなど「ボーナス額×倍率÷カウント割合」の条件をクリアしないといけません。

 

初めのうちは「あんなにベットしたのに何で出金出来ないんだ?」と困惑される方もいらっしゃいますが、ほとんどはこういった理由です。

 

まとめ

少しややこしいですが、

「ボーナスは出金条件を満たさないと現金として出金出来ない」
「出金条件はオンラインカジノごとの倍率とゲームごとのカウント割合で決まる」
「ボーナスを使いたければ現金を全て使用してから」

この3つを頭に入れておけば大丈夫です。

 

 

倍率やカウント割合はオンラインカジノごとに違うので、どこで遊ぶか選ぶ時にはチェックしておきましょう。

ベラジョンカジノの出金条件は<こちらの記事>にまとめていますので、参考にしてください。

 

コメントは受け付けていません。